Wednesday, February 11, 2009

アイリータマンガ



一応、バレンタイン話という事で。
台詞が英語なのはdA用に描いたからです…。
海外ではバレンタインにプレゼントをするのが女性とはきまっていない様ですね。

しかし思い返してみると本編のバレンタインエピソードはまさかのザナアイリータ登場でしたね~。
最近、コードリョーコを見返しているのですが初期のエピソードを消去してしまったのが痛いです。
あの頃はこんなにはまるとは思いもよらず、バンバン消していましたから、
一話からリピートしてくれるのが嬉しいです。見逃した回もいくつかありますし。

最近思うのは、CLの魅力というのはキャラクターの関係性、ドラマに有るのではないかと思います。
色々な状況で登場人物たちが取る行動、そこから生まれる人間ドラマが面白いのではないかと思います。
そういう意味で学園物としての物語の面白さが根底に有るんじゃないかと。
小説版が出るらしいですが、児童文学としていいものが出来そうな気がします。

まだ私の中で「code リョーコ」という作品の位置づけが出来ていないのですが、一応そういう面での面白さがあるということを書いておきます。

2 comments:

Catalina!_ said...

私も漫画のブログを参照してくださいへの移行を勧めているが、番組について、このブログの会談...映画などをテーマにオリジナルの文章...
http://kitsuneblade.blogspot.com/

..非常に多くのスペースをいただき、ありがとうございます; )

本当にありがとうございます

冷雨 said...

Thank you for the comment.but...
Excuse me, I do not understand that you say...